カテゴリ:未分類( 26 )

“世界エイズデーふくい” 多くの方に参加いただきました

12月4日(日)にエルパで開かれた“世界エイズデーふくい”。
大勢の若者たちが参加してとても有意義な催しとなりました。

福井新聞、県民福井、NHK福井放送局で記事が掲載されましたので、掲載します。


【福井新聞/H23.12.5記事】
エイズ理解、もっと深めて 福井で学生ら参加しイベント

福井県内で増えているHIV(エイズウイルス)の感染・発症について理解を深めてもらう啓発イベント「世界エイズデーふくい」は4日、福井市のエルパで開かれた。

 世界エイズデー(1日)に合わせ、昨年に続き県が開催。医療や福祉を学ぶ大学、専門学校生ら約90人が参加した。

 福井大医学部の岩崎博道教授はHIVについて「最も多い感染経路は性行為」などと基礎知識を解説。「飲み薬でウイルスの増殖を抑え、エイズ発症を防げる。薬を飲み続ければ天寿を全うできる」と、検査による早期発見の大切さを話した。

 続いて少人数に分かれ、HIVに詳しい医師や看護師らを囲んでグループトークをした。参加者は和やかな雰囲気で「感染しても出産は可能か」「治療費はどのくらいになるか」などと質問し、病気への理解を深めていた。

 県内では今年、11月末までに新規のHIV感染・発症報告が5件あった。過去最高8件を記録した昨年の同時期(6件)に迫る数になっている。

 エイズデーに合わせ福井健康福祉センターは土曜日の10日も匿名、無料のHIV抗体検査とエイズ相談を行う。午前9時~11時と午後1時~3時。要予約。問い合わせは同センター=電話0776(36)6810。



【県民福井/H23.12.5記事】
エイズへの理解深めて 福井で若者ら意見交換

エイズウイルス(HIV)とエイズへの理解を深める催し「世界エイズデーふくい」が4日、福井市大和田町のショッピングセンターエルパであった。
 12月1日の世界エイズデーにちなみ、県が主催。新規感染者の多くが20代であることから、若者に正しい知識を知ってもらおうと企画し、約90人が参加した。

 参加者は予防や検査、治療など五つのテーマに合わせた班に分かれ、意見交換した。医師や看護師らが各班の司会を担当した。

 「HIVへの感染が分かったら、生活は変わってしまうのでは」との質問には、「他の感染症と変わりはなく、仕事もできる」とアドバイスしたり、自覚症状や感染経路などについても、活発に意見を交わした。

 福井大医学部感染症・膠原(こうげん)病内科の岩崎博道科長による講演や、エイズ問題をテーマにした映画の上映もあった。
[PR]
by redribbonfukui | 2011-12-07 03:50

福井市内のスーパーマーケットにて

偶然見つけたのですが、福井市開発のビッグマート開発店では、HIV検査普及週間のポスターをレジ横に大きく掲示していただいています。

感謝!

d0160428_2341719.jpg

[PR]
by redribbonfukui | 2011-05-15 00:39

若者にHIV感染予防を呼びかけ~今月1日・世界エイズデー

FBC(福井放送)ニュースでも取り上げていただきました。
  ⇒FBCニュース


若者にHIV感染予防を呼びかけ~今月1日・世界エイズデー

「世界エイズデー」にあわせ、福井市内で啓発活動が行われ、10代や20代の若者にHIVへの感染予防を呼びかけました。
この啓発活動は、今月1日の「世界エイズデー」に合わせて県が初めて行ったもので、職員らがチラシを手渡しながら、HIVへの感染予防を呼びかけました。
10代や20代の若者への感染が拡大する中、専門の医師などを交えたフリートークでは、HIV感染の予防策や感染した際の対応策などについて、意見を交換しました。
県によりますと、県内でもほぼ毎年のように新たなHIV感染者やエイズ患者が出ていて、今年は9月末現在で、あわせて過去最高の6人が確認されています。
県では、感染を拡大させないためにも、早めの検査を呼びかけています。
                          〔平成22年12月5日 FBC〕
[PR]
by redribbonfukui | 2010-12-10 02:19

福井県連合青年団blogにも掲載されました

福井県連合青年団blogにも、世界エイズデーのことが詳しく掲載されています。

ぜひご覧ください!
 ⇒福井県青年団blog
[PR]
by redribbonfukui | 2010-12-09 02:38

映画通じエイズ理解 学生ら110人、トークも交え

平成22年12月6日付の福井新聞に掲載された“世界エイズデーふくい”の記事です。


映画通じエイズ理解 学生ら110人、トークも交え

 世界エイズデー(12月1日)に合わせ、県民にエイズについて考えてもらう啓発イベントが5日、アオッサで開かれた。エイズを題材にした映画鑑賞や、若手医療関係者を交えたフリートークを通し現状について理解を深めた。
 学生を中心に約110人が訪れた。映画鑑賞会ではトム・ハンクスがHIV感染者を演じた「フィラデルフィア」を上映。ストーリーを通し感染者に対する偏見や誤解について考えた。
 感染症に詳しい医師や看護師を進行役にした「トークカフェ」では、コーヒーを飲みながら、エイズについて気軽に意見交換。参加者から「エイズにはどんな症状があるのか」「HIV検査を義務付けることはできないのか」などの疑問や意見が出され、進行役が回答した。
 医師らは、結婚する前に検査を受けるケースが増えたことなど、最近のエイズ事情も教えていた。
 その日のうちに結果が分かる即日検査コーナーも設けられ、約40人が検査した。
 県内の今年の新規HIV感染者とエイズ患者は10月末時点で、過去最高の6人が報告されている。県内の各健康福祉センターでは月1~5回、HIV抗体検査を無料で実施している。
                               〔平成22年12月6日付 福井新聞〕
[PR]
by redribbonfukui | 2010-12-08 02:31

映画通じエイズ理解 学生ら110人、トークも交え 

平成22年12月6日付の日刊県民福井に掲載された“世界エイズデーふくい”の記事です。


エイズの感染防げ 若者らグループトーク 福井   

 若者たちのエイズウィルス(HIV)感染を防ごうと、県は5日、福井市のAOSSA(アオッサ)で「世界エイズデーふくい」を開いた。県内の若者ら約110人が参加し映画鑑賞やグループトークなどで感染予防の知識などを身につけた。
 今年の県内新規HIV感染・エイズ発症者が9月末現在で6人と、既に年間最高を記録したことから、県が企画した。福井大学附属病院感染症制御部長の岩﨑博道さん(51)ら医療関係者12人が、性行為におけるコンドームの有効性などを説明した。
 医療関係者を交えて少人数グループで話し合う「トークカフェ」では、参加者らがHIV即日検査試薬の仕組みや、感染者が妊娠を望んだ場合の対処法などを質問。医療関係者らは一つ一つ丁寧に答えていた。
 エイズを取り上げた映画「フィラデルフィア」の鑑賞やHIV即日検査なども行われた。
                             〔平成22年12月6日付 県民福井〕
[PR]
by redribbonfukui | 2010-12-07 02:27

ありがとうございました

日曜日のイベント、たくさんの方にご来場いただきました。

福井で初めての世界エイズデーイベント、多くの方のお力をいただいて無事に実施することができました。エイズ・HIVについて考えていこうという皆さんの気持ちが強く伝わってきました。

参加してくださった皆様はもちろん、様々な形で協力してくださった方々、
スタッフの皆さんに心らから感謝します!本当にありがとうございました。当日の様子など詳細については、このブログにて後日紹介します。
[PR]
by redribbonfukui | 2010-12-06 02:25

世界エイズデーふくい


d0160428_22111471.jpg


d0160428_21544297.jpg


d0160428_21534248.jpg

[PR]
by redribbonfukui | 2010-12-05 23:59

HIV増殖の仕組み解明 新薬の手掛かりに

平成22年11月9日(火)付け日本経済新聞より引用

HIV増殖 仕組み解明  京大 たんぱく質、環境整える
 京都大学医学部の高折晃史教授らはエイズウイルス(HIV)の増殖を促す新しい仕組みを見つけた。HIVが作るたんぱく質の一つである「Vif」が感染した細胞の分裂周期などを調整し、増殖しやすい環境にしていた。新薬開発の手掛かりになる。米科学アカデミー紀要に9日掲載される。

 高折教授らはVifと人の免疫細胞のさまざまな物質との関係を調べた。Vifは細胞内で特定の物質とくっつき、細胞の分裂周期を制御するたんぱく質の量を増やしていた。細胞の周期が特定の状態になると、HIVが増殖しやすくなるという報告がある。

 これまでにVifは体内にあるHIVの増殖を妨げる物質を分解することが知られていた。今回の成果から異なるメカニズムでも増殖を促していたことになる。Vifの分解を促す物質などを探索すれば、従来のエイズ治療薬とは異なるメカニズムで作用する新薬を開発する手掛かりになる。(了)
[PR]
by redribbonfukui | 2010-11-09 23:59

エイズウイルスが侵入しやすいDNA配列発見 京大

平成22年11月7日(日)付け日本経済新聞から引用

HIVのリンパ球乗っ取り DNAの特定部分から
 京都大学の鶴山竜昭准教授と吉川研一教授らは、エイズウイルス(HIV)がヒトの免疫細胞のリンパ球を乗っ取るときに、細胞核内にあるDNA(デオキシリボ核酸)のどの配列部分に入り込みやすいかを実験で突き止めた。この組み込みを妨害できれば、HIVの増殖を抑え、根治が難しいエイズの治療に役立つ可能性もある。成果は米科学誌プロスワン(電子版)に掲載された。

 HIVはリンパ球に感染して細胞内に侵入、リンパ球のDNAに自らの遺伝情報を組み込む。その後、生産されたHIVが次々とリンパ球の外に飛び出し、他のリンパ球に感染して増殖する。

 試験管実験では、リンパ球のDNAの「CA」「GT」という配列がある部分にHIVのDNAが組み込まれやすいことが分かった。CAとGTを取り除いたDNAもいっしょに混ぜると、HIVのDNAが間違って付着し、組み込まれる量がほぼ10分の1に減った。HIVの増殖を防げる可能性があり、今後、細胞実験で確かめる。 (了)
[PR]
by redribbonfukui | 2010-11-07 23:59