<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

世界エイズデーに合わせて休日・夜間のHIV検査を実施します

福井県内の健康福祉センターにおきまして、世界エイズデーに合わせて休日・夜間のエイズ相談・HIV抗体検査を実施します。

詳しくは、下記ポスターをご確認ください。

d0160428_19531441.jpg

[PR]
by redribbonfukui | 2010-11-20 02:50 | お知らせ

“世界エイズデーふくい”参加者募集中!

“世界エイズデーふくい”の参加者を募集します。

県内青年の方(10代~30代)を対象に、映画を観たりコーヒーを飲みながら気軽にHIV・AIDSを語りあったりする催しです。

皆さまの参加をお待ちしています。
 
     記

1 日 時  平成22年12月5日(日)13時~16時30分
        (受付:12時30分~13時)

2 場 所  AOSSA6階 福井市地域交流プラザ実習室
        (福井市手寄1丁目4-1)

3 内 容  (1)シネマで考えるエイズのこと
          ハリウッド映画“フィラデルフィア”を上映します。
          主演:トム・ハンクス、デンゼル・ワシントン、アントニオ・バンデラス
        (2)フリートーク
          若手医療関係者(医師・看護師・臨床検査技師・臨床心理士)を囲んで少人数グループで
         気軽にエイズのことを話し合います。
        (3)HIV即日検査
          希望者はその日のうちに結果がわかるHIV抗体検査を受けることができます。(匿名・無料)


4 定 員  50名(定員になり次第締め切ります。)

5 対 象  10代から30代くらいまでの青年

6 申込み先  詳細は、下記チラシをご覧ください。

 ⇒チラシをダウンロード


 参加無料です!


d0160428_0174741.jpg

[PR]
by redribbonfukui | 2010-11-13 00:16 | お知らせ

HIV増殖の仕組み解明 新薬の手掛かりに

平成22年11月9日(火)付け日本経済新聞より引用

HIV増殖 仕組み解明  京大 たんぱく質、環境整える
 京都大学医学部の高折晃史教授らはエイズウイルス(HIV)の増殖を促す新しい仕組みを見つけた。HIVが作るたんぱく質の一つである「Vif」が感染した細胞の分裂周期などを調整し、増殖しやすい環境にしていた。新薬開発の手掛かりになる。米科学アカデミー紀要に9日掲載される。

 高折教授らはVifと人の免疫細胞のさまざまな物質との関係を調べた。Vifは細胞内で特定の物質とくっつき、細胞の分裂周期を制御するたんぱく質の量を増やしていた。細胞の周期が特定の状態になると、HIVが増殖しやすくなるという報告がある。

 これまでにVifは体内にあるHIVの増殖を妨げる物質を分解することが知られていた。今回の成果から異なるメカニズムでも増殖を促していたことになる。Vifの分解を促す物質などを探索すれば、従来のエイズ治療薬とは異なるメカニズムで作用する新薬を開発する手掛かりになる。(了)
[PR]
by redribbonfukui | 2010-11-09 23:59

エイズウイルスが侵入しやすいDNA配列発見 京大

平成22年11月7日(日)付け日本経済新聞から引用

HIVのリンパ球乗っ取り DNAの特定部分から
 京都大学の鶴山竜昭准教授と吉川研一教授らは、エイズウイルス(HIV)がヒトの免疫細胞のリンパ球を乗っ取るときに、細胞核内にあるDNA(デオキシリボ核酸)のどの配列部分に入り込みやすいかを実験で突き止めた。この組み込みを妨害できれば、HIVの増殖を抑え、根治が難しいエイズの治療に役立つ可能性もある。成果は米科学誌プロスワン(電子版)に掲載された。

 HIVはリンパ球に感染して細胞内に侵入、リンパ球のDNAに自らの遺伝情報を組み込む。その後、生産されたHIVが次々とリンパ球の外に飛び出し、他のリンパ球に感染して増殖する。

 試験管実験では、リンパ球のDNAの「CA」「GT」という配列がある部分にHIVのDNAが組み込まれやすいことが分かった。CAとGTを取り除いたDNAもいっしょに混ぜると、HIVのDNAが間違って付着し、組み込まれる量がほぼ10分の1に減った。HIVの増殖を防げる可能性があり、今後、細胞実験で確かめる。 (了)
[PR]
by redribbonfukui | 2010-11-07 23:59